只今業務用カッテングシートは入荷の予定が立っておりません。誠に申し訳ありませんがよろしくお願い致します。

シリカクリン業務用カッティングシートは、市販商品であるシリカクリン及び激取りMAXシリーズの市販加工前の原反を50cm単位でご購入出来る商品です。さまざまな店舗や企業・工場向けに販売していますので、業務用として、大量購入しやすい価格となっております。

PPシリカゲル通常タイプ業務用シリカクリンシート

◎ポリプロピレン消臭シート3カラー

業務用途からご家庭にも又オリジナルな消臭アイテムを自作。 お使いになる場所にあわせてカラーをお選びください。

今!売れています。こんな方に
シリカクリンカッティングシートは業務用としてプロの施工業者様にお使いいただいています。また、DIY(日曜大工)好きな男性、縫製などが得意な女性から問合せ、購入をいただいております。
好きなサイズにカットして自分専用の消臭アイテムを自作できますし、なかでも比較的うす型なPPタイプは加工・カットがしやすいシートになっています。厚めのPEポリエステルタイプでも少し手間が掛かりますが可能です。

ニオイ湿気が気になる場所に敷いたり、収納のクローゼット・押入れ・布団の下にもお使いいただけます。

@②■ご購入の際の注意事項…「シリカクリン業務用カッテングシート」は除湿・消臭機能が高い製品ですが、製品流通段階で湿気を吸ってしまう場合があります。ご使用いただく前に、天日で(2~3時間程度)干していただきますと機能が再生しますので、その後にご使用ください。

@⑦*R一般家庭用、交換可能な場所でご利用下さい。

@④備長炭とシリカゲルの違いはこんなに違います!@
―①―
備長炭もシリカゲルも多孔質という素材という意味では同様の素材です。効果も調湿・消臭と同じような機能をもっています。では何が違うかというとそれはずばり表面積がちがいます。

▽②備長炭の多孔質表面積・・・1gで約250~300㎡△
▽③シリカゲルの多孔質表面積・・・1gで約450㎡△
このように同じ1gで約1.5倍シリカゲルのほうが表面積が大きいのです。それにシリカゲルは多孔質の穴の中に物理的吸着するのと同時に科学的な吸着の同時に行い、その分吸着力が強いのです。吸湿効果でいえば圧倒的にシリカゲルが強いといえるでしょう。是非この機会にシリカクリン業務用カッティングシートをご購入下さい。


▲空気との表面積を広げ、最大の吸収力を生んでいます。

拡大画像:サックスブルー

■カラー:ブラック…カートにてカラーを選択してご購入下さい。

◎お買い得!シングルサイズ(一畳)90×180㎝をご用意致しました。

カラー:「ブラック」色の購入はこちらから↓

カラー:「ブルー」色の購入はこちらから↓

TOP

MENU